インカジは賭博罪に触れる違法ギャンブル

都市部を中心に運営されているインカジとは

都市部を中心に運営されているインカジとは

テレビのニュースなどでインカジという言葉を見聞きしたことがあると思いますが、このインカジとは一体どのようなものなのかご存じない方も多いと思います。
インカジとはインターネットカジノの略語で、その名前のとおりインターネット上のカジノのことで、実際のカジノと同じくお金を賭けて勝負することができます。

インカジは都市部を中心に運営されていて、最近はネットカフェのように個別ブースにてプレイできるようになっています。
インカジが用意するパソコンにインストールされているのはオンラインカジノのソフトウェアで利用者はオンラインカジノを利用しギャンブルを行います。

インカジでオンラインカジノを利用するというと、インカジとオンラインカジノの間にどのような違いがあるのかと首を傾げてしまう方もいらっしゃると思います。
インカジとオンラインカジノの間には大きな違いがあります。
それは両者の運営形態です。

インカジは客にオンラインカジノをプレイさせるお店のことで、オンラインカジノは海外で合法として認められているオンラインでプレイするカジノギャンブルのことです。
このようにインカジとオンラインカジノは同じオンラインカジノを使ったギャンブルなのですが、その運営はまったく異なっています。

インカジを利用すると逮捕され法の裁きを受ける

インカジを利用すると逮捕され法の裁きを受ける

日本の法律の中には、ギャンブルを取り締まるための賭博罪というものがあります。
国が合法ギャンブルと認めているのは、公営ギャンブルの競馬、競輪、競艇、オートレースだけです。

この公営ギャンブル以外のギャンブルはすべて賭博罪の対象となる違法ギャンブルです。

よく違法賭博として耳にするバカラでお金を賭けた場合はもちろん、麻雀にお金を賭けた場合も賭博罪が適用され、最悪の場合懲役刑に処されてしまいますので、公営ギャンブル以外での賭博行為は絶対にしてはいけません。

日本のギャンブルの代名詞となっているパチンコの場合は少し特殊で、三店方式という方法を用いて賭博行為ではなく景品の交換、買取とすることで賭博罪を逃れています。
この法律逃れの運営スタイルについて、日本政府ももちろん知っていますが、長年に渡り続いている独自のスタイルなので、現在に至っても黙認する形でその運営を認めています。

それではインカジの場合はどうなのかというと、インカジも公営ギャンブル以外のギャンブルなので、インカジでオンラインカジノを利用するとそれは賭博罪にあたります。

インカジは気軽に利用することができるギャンブルなだけに、利用しても大丈夫だと思ってしまいがちですが、実際にこれまで多くの逮捕者が出ていますので、どれだけ言葉巧みに誘われても利用はもちろん、店内に足を踏み入れないようにしましょう。

オンラインカジノを個人で利用する分には問題ない

オンラインカジノを個人で利用する分には問題ない
インカジが違法ギャンブルとなるのだから、公営ギャンブルではないオンラインカジノも同じく違法ギャンブルだろうと考えてしまうところですが、現在のところオンラインカジノは違法ギャンブルとはなっていません。

なぜオンラインカジノが違法ギャンブルとはならないのかというと、それはオンラインカジノは日本国内で行われているギャンブルではないからです。
オンラインカジノは海外の合法ギャンブルで、運営だけではなく、運営に関わるサービスもすべて海外の会社が提供しているもので、そこには日本の会社は一切関与していません。

オンラインカジノにおいてギャンブルが行われる賭場となるのは、オンラインカジノのプログラムを扱うサーバーです。
サーバーも運営会社同様に海外に置かれているので、インターネットで繋がっていてもギャンブルは海外で行っているということになります。
そのため、オンラインカジノの利用に対して賭博罪はどんな効力も発揮しません。

さらに、賭博罪の条件として、同じ賭場に運営者である胴元と利用者である張り子が一緒に存在するというものがあります。
基本的にギャンブルは、同じ場所に胴元と張り子が存在します。

オンラインカジノは、胴元である運営会社は海外にあり、張り子にあたる利用者は日本国内にいるという通常のギャンブルとは違った状況が生じます。
現在の賭博罪ではこうしたオンラインカジノの状況には対応しきれないので、この点においても法律でオンラインカジノを違法ギャンブルと決定付けることができません。

過去にはオンラインカジノの利用で逮捕者が出たこともありましたが、その後逮捕者の一人が裁判へと持ち込み、その結果不起訴となった事例もあるので、過去の例からもオンラインカジノの利用は法律上問題ないということが証明されています。

インカジは、オンラインカジノとの間にインカジという店が入るため、インカジが胴元、賭場となってしまいますが、オンラインカジノを直接利用した場合は賭博罪に触れる部分はありませんので、どれだけ利用しても逮捕されるようなことにはなりません。

オンラインカジノをプレイしたいのならば、インカジを利用するのではなく、自身の手でオンラインカジノに登録しプレイするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です