摘発対象となるインカジ店とネットカジノではどんな違いがある?

インカジ店とはインターネットカジノ店の略称であり、運営元はもちろんのこと、そこで遊ぶプレイヤーも摘発対象となるため、ネットカジノとは全く違います。
最近では東京や大阪、札幌、福岡などの巨大都市に限らず、地方でもインカジ店の数が増えてきており、警察とのいたちごっこが続いています。
インカジ店は日本の賭博法によって厳しく取り締まっており、100%確実な違法店です。

しかしインカジ店もネットカジノも同じカジノゲームであるため、両方とも同じようなものだと認識している方も多くいらっしゃるようです。
そこで今回の記事では、摘発対象となるインカジ店とネットカジノではどんな違いがあるのかをまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。

海外政府関連機関が発行するライセンスの所持

海外政府関連機関が発行するライセンスの所持
ネットカジノは海外政府関連機関が発行するライセンスを所持していますが、インカジ店のライセンスはもちろん、営業許可自体も持っていません。
そもそもネットカジノを運営するためには、費用と時間をかけてライセンスを発行してもらう必要があり、不所持での営業は拠点とする国の法律によって裁かれます。
つまりインカジ店はネットカジノとして完全なる違法行為であり、たとえ日本の法律的にも100%摘発対象の違法店なのです。

またネットカジノのライセンスというのは、所持するだけでは無く、ライセンス発行国のルールに従い続ける必要があります。
少しでもルール違反が見つかることでライセンスは剥奪となり、それまでに投資した費用や時間は全て無駄になってしまいます。
だからこそ合法のネットカジノでしたら、安心安全にギャンブルを楽しむことができるのです。

運営会社は海外を拠点

日本の法律上、国内でネットカジノを運営することはできず、たとえライセンスを所持していたとしても、拠点を国内にすることで摘発対象となります。
安心安全に遊べるネットカジノの運営会社は海外を拠点にしており、日本とはインターネットだけで繋がっています。
サーバーも海外に置いているため、国内からネットカジノで遊んでも摘発されることなく遊ぶことができます。

しかしインカジ店の場合、ゲームスペースも事務所も全て国内にあり、言い逃れのできない完全なる違法行為です。
当然インカジ店で遊ぶことも違法であり、常習賭博罪や単純賭博罪などで摘発されます。

安心安全な入出金手段の採用

安心安全な入出金手段の採用
ネットカジノで採用している入出金手段として、クレジットカードやオンライン決済サービス、銀行送金、仮想通貨など様々あります。

全て安心安全に利用可能な入出金手段であり、ネットカジノが所持するライセンスルールに則って採用しています。
ネットカジノへ入金するためにはアカウントの名義と一致していなければ入金はできませんし、出金時には必ず身分証明書や住所確認書類の提示を求められます。
これはマネーロンダリングやなりすましなどの不正行為を予防するためであり、合法ネットカジノでは厳しくチェックを行っています。

しかしインカジ店で利用できるのは現金手渡しのみで、入金時も出金時もスタッフを呼んで処理することになります。
インカジ店にいるだけで摘発対象ですが、警察により現金の受け渡し現場を押さえられたら言い逃れは一切できません。

別会社によるソフトウェア開発

別会社によるソフトウェア開発
ネットカジノで遊べるカジノゲームは、全てソフトウェアを開発する専門の会社から購入しており、運営側が自らカジノゲームを作ることはできません。
これは不正防止の観点からライセンスルールによって義務付けられていることです。
さらにソフトウェア会社も第三者機関による監視を受けているため、カジノゲームに不正プログラムを仕込むなど、イカサマ機能を追加することも一切できません。

この方式により、合法ネットカジノではイカサマの心配をすること無く、安心してカジノゲームを楽しむことができるのです。
インカジ店には2種類の形態があり、ネットカジノのソフトウェアをそのまま使っている店と、独自で開発したものを導入している店です。
どちらにしましてもイカサマや不正行為は堂々と行われており、最終的には客が負けるような仕組みが確立しているのです。

まとめ

今回は、摘発対象となるインカジ店とネットカジノではどんな違いがあるのかをご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
ライセンスを持ち、海外に拠点を置く合法のネットカジノでしたら安心安全にカジノゲームを楽しむことができますが、インカジ店は言い逃れ無用で摘発対象となります。
インカジ店は東京や大阪、名古屋などの都心部だけではなく、最近では地方の繁華街でも多く見掛けるようになりました。

中には「インターネットカジノ」と堂々と看板を出し、宣伝をしているインカジ店がありますが、当然全て違法店です。
個人情報の入力や身分証明書の提示などの手間無く気軽にカジノゲームでギャンブルを楽しめるインカジ店ですが、摘発されることで人生を棒に振ってしまうことになります。
ネットカジノを楽しみたい場合には、必ず海外拠点の無店舗型合法ネットカジノの中から選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です